2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
中国瀋陽Cat Show 1
- 2017/03/29(Wed) -
3月11日、12日に行われた中国瀋陽のキャットショー、若いスタッフによる
熱気に満ちたショーでした。

china1.jpg

避寒対策、マットレスのような厚いカーテンをくぐり抜けると、吹き抜けのあるモール。
お洒落なショップが2階、3階に、その上にはレストラン街。

china3.jpg

china2.jpg

オープンスペースなので、細心の注意が必要と、服部ジャッジから審査開始前に注意が回ります。
鶴岡ジャッジと田崎ジャッジ、ショーの華やかさを盛り上げて下さっています。

china9.jpg

素晴らしいボディ、素晴らしい筋肉、素晴らしいコートの輝き、そしてなにより
素晴らしいショーマナー!

china12.jpg

でも、このような可愛い笑顔も見せて下さって、幸せがいっぱい広がりました。

china7.jpg

アルターのラグドールさん、私が持参した櫻の冠がすっかりお気に入ったようです。

china6.jpg

コートのグルーミングもきれい、日本に留学していたというオーナーさんと会話が弾みました。

china17.jpg

ラグドールのエントリーが多く、こちらもラグドールさんですが、オーナーさんが櫻の
冠に興味があって、どうしてもこの冠獲得しようとの努力の末に、見事このような
お写真を撮ることができました。

china20.jpg

中国ではまだチュールがあまり知られていないとのことだったので、チュールをアピール。

china21.jpg

china22.jpg

クラブのメンバーさんに翻訳を御願いして、中国語でひな祭りのプレゼントの
カードを作り、自己紹介も中国語、頑張りました!   でも、難しかった(;_;)

3月3日是日本的传统节日--女孩节,整个三月可以说是女孩子的月份。
这是一个祝愿女孩子将来幸福的节日,在日本已有600多年的历史。
我今天给全场的女孩子猫咪们带来了小礼物,日本很受欢迎的猫条,
作为对女孩子猫咪们的祝福。

china19.jpg

主催クラブのオーナー、マーサさん(右)と、私をサポートして下さった
可愛いクラークさんたち。

china16.jpg

この記事のURL | Cat Show | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Toulouse Cat Show Judges' Dinner
- 2017/02/27(Mon) -
20121023_toulouse-IMG_8689.jpg

レンガの建造物が夕方になるとバラ色に輝く " La Ville Rose "
ライトアップされている、バラ色の街の中心にあるキャピトルの広場近くの
the Brasserie des Arcades でジャッジディナー。
各テーブル8名で5テーブル、40名の盛大なディナーに!

TLshow11.jpg

「名古屋のショーで、あなたのバーミーズをベストキャットにしたこと忘れていないわよ!
 素晴らしいバーミーズだったわ!」 と、ベルギージャッジのリセットさん。(写真左下)
ずいぶん以前のことなのに、覚えていてくださったとは、光栄です!

Lisset said "I gave your burmese the best many years ago in Nagoya,
I can't forget him !"

TLshow14.jpg

TLshow13.jpg

TLshow12.jpg


Pre dinner drinks with puffy pastry
« Raviole » with Foie Gras chips
Crunchy Scallops and Gambas in a
Champagne sauce.
Salmon Carpaccio

Thick slice of veal in a mushroom juice.
Duck filet with a Perigourdine sauce.
John Dory filet with a sorrel creamy sauce.

Assorted dessert plate
Vin Rouge et Blanc à raison d’une Bouteille pour 4 personnes

Rouge : Gaillac Lastour A.O.C
Blanc : Chardonnay Les Albrière A.O.C

Coffee and tee.

メニューは難しくて良くわかりませんが、こんがりと焼き色が付いた
香り高い美味しいお肉!

Dellicious!

主催者のJM氏は各テーブルをこまめに回って、それぞれのオーダーがちゃんと
配られたかどうか、お味は気に入ったかどうかなど、聞いて回り、各テーブルの
方たちとちょっとした会話を交わし、素晴らしいホストとしての役割を果たされて
いました。

Mr.JM worked and worked for us. The dinner was very delicious.
The hospitality of Mr.JM was perfect.
We really enjoyed very much!
It was fantastic night.

Saturday Night /Familiar Partyr


TL0004.jpg

小さなこじんまりとしたイタリアワインのお店。棚に並んだワイン、好きな銘柄を選ぶ事が
出来ます。


TL0005.jpg

チーズもハムも美味しくて、ワインが進みます。

TL0006.jpg

TL0007.jpg

旧友のバーマンブリーダーのミッシェルさん。携帯の写真の撮り方がわからないと言うことで教えてあげると
大喜び! この後、さっそくたくさんの写真を撮っていました。

この記事のURL | Cat Show | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TOULOUSE Cats For Life Cat Show "JAPON "
- 2017/02/27(Mon) -
Cats For Life Cat Show"JAPON"

Tl01.jpg

Cats For Life Cat Club今回はJAPON” 「日本の和」がテーマ ロゼット素材わかりますか? 

TLshow4.jpg

AS Mowgleaves Stonehenge
    海外ではなかなかお目にかかれない、華のある素晴らしいアメリカンショートヘア
SFL Rumfold Such A Flirt Shu-Ko/ID
    日本でもスコティッシュホールドは素晴らしい子を拝見できますが、この子のボディーはすごい!!!


Tl016.jpg

     オーナーさんが楽しんでお手作りをしてきたそうです。

TLshow6.jpg

すっかりお世話になりました。主催者のJean-Marc 氏とV.Tomoko ジャッジ。お着物お似合いです。
智子ジャッジの帯は「猫」柄になっています。

Tl018.jpg

CHINA(中国)と日本と、ミックスしてしまっていますが、オーナーさんは「JAPON」のつもり。

TLshow3.jpg

WhiteのPS、やはりボディが見事です。 

Tl017.jpg

TLshow5.jpg

MCは非常に多くのエントリーがありました。中でもグルーミングの美しさが際立っていたのが
このメインクーンさん。オーナーさんは日本の方でした。

Tl015.jpg

TLshow8.jpg

TLshow10.jpg

控えケージの中、もう疲れた! トランクの中でぐっすり眠ってしまっているEMさん。

Tl013.jpg

お写真はかなり時代物・・・・・   明治のころでしょうか?   


この記事のURL | Cat Show | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TOULOUSE トゥルーズ3
- 2017/02/24(Fri) -
この日は一人で " City Tour "。 ブルースターホテルの前から12:30にスタート。

TL23.jpg

風は冷たいけれど、陽射しはとても温かく、ストリートフラワーショップのお花も嬉しそう。

TL5.jpg

TL22.jpg

昼間のウィルソンスクエアー、沢山の人が集まってきています。 
ツアーのバスチケットショップもここにありました。

TL21.jpg

フランスは、なぜかメリーゴーランドが多いような気がします。

TL7.jpg

TL8.jpg

TL9.jpg

TL24.jpg

バスツアーを楽しんだ後はビールとムール貝の遅いランチ。

TL25.jpg

ベルギーのアフリゲム。苦みの後に優しいフルーティーな香りが残るビールです。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TOULOUSE トゥルーズ 2
- 2017/02/24(Fri) -
修道院、教会で敬虔な祈りを捧げた後、ホテルで一休み、8時にJM氏のお迎えで夜の街に。

TL4.jpg

昼は近くのメリーゴーランドお目当ての子供連れが憩う、ウィルソンスクエアー。

TL2.jpg

老舗のブラッスリー、まっ先に入り口近くの山になった牡蛎が目に飛び込んできました。

TL1.jpg

TL14.jpg

                     牡蛎、牡蛎、牡蛎!

TL3.jpg

エスコートして下さった3名のダンディー、中央が今回私をトゥルーズにご招待下さったジャン・マルク氏。
行き届いた細やかな心遣いが、言葉の壁を越えて温かく伝わってきます。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ