2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
軽井沢1
- 2008/08/23(Sat) -



軽井沢音楽祭

昨年は八ヶ岳、高原の夏を楽しんできました。
今年も避暑地でほんのつかの間の夏を
楽しむことができました。

大賀ホールでのコンサートが終わって、その道に
詳しい友人に案内されて「燻事」というレストランに。

暗い小径がライティング アップされて、不思議の世界に
誘い込まれるよう。

店内はモノトーンで統一されていて、しっとりと落ち着いた
雰囲気。

お時間がお時間だったため、もうメニューはコースのみ。

1:まず、チーズ
 こんがり焼かれたスモークチーズ、表面はパリッ、中は
 とろ~り
 「お熱いのでお気をつけて」
 とのご忠告もよそにぱっくり食べてしまう。
 おいしい!

2:仙台牛のサーロイン握り
 寿司飯は黒酢?
 霜降りのお肉の下にちんまり収まっている寿司ご飯、
 色の感じとこっくりした味わいから多分黒酢かと・・・

3:からすみ、新鮮キュウリのたたき・生姜添え、
 千切り人参とスルメのコラボレーション。

4:ジュンサイ、オクラ、ナメコなどぬるぬるしたものが
  山芋のぬるぬるの上に盛りつけられて、トッピングには
  サザエのつぶつぶ切り。
  香菜が添えてあって、ほんのすこーしちぎって加えると
  あ、フレンチスタイルに!

5:ピザ 石焼き窯で焼いたマルゲリータ
  お庭にしつらえた石焼き窯で薪をくべながら火加減を
  調節しつつ、付きっきりで焼き上げるトマトとモッツァレ
  ラチーズのピッザ。
  所々焦げ目があったりはするがそれもまた香ばしくて
  美味しい!

6:鰺とサーモンの薫製。
  新鮮な鰺、サーモンが良い加減に燻されて、そこに
  カリカリッとした歯ごたえの唐辛子ソースが添えられ
  そのしゃりしゃりっとした歯ごたえが緊張感あるお味に。

7:サラダ
  新鮮なプチトマト、ロメイン菜にチーズドレッシング(?)
  かなり濃厚なお味。

8:仙台牛ロースト
  握りで使われた部所とは違って、赤身がしっとりと味わい深い。
  たらっとかけられたソースは「燻醤油」。
  これがまたまたくせ者!
  燻香が味覚に瞬時の夢を与えるのか、言うに言われぬ
  味わいの妙。

7:ポルチーニのリゾット
  最後の仕上げなので、量的にはごく少量。
  でも、これが肝心。
  “終わりよければ全てよし”
  でした!
    

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<軽井沢2 | メイン | 訂正 フィリップ ジャルスキー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/98-2be96ac5
| メイン |