2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
The letter from Junko " ヴィエナ"
- 2016/08/08(Mon) -
あと2ヶ月ほどで一周忌を迎えるヴィエナさん、Collinsご夫妻への
感謝の気持ちをブログに残しておきたいとは考えていましたが、
やはり悲しい気持ちが先立って、どうしても書けずにいました。
でも、蕗ちゃんをCollinsさんのファミリーに迎えて頂いた機縁と
なったヴィエナさんのこと、やっと思い切って書くことにしました。
ただ、Collins様のご了解を得ずに公開してしまったため、もしかしたら
お叱りがくるかと、内心ドキドキハラハラでした。
でも、コメントで頂いたメール、どうしてもコメントのところではなく
単独でここにご紹介したいと、今回はお許しを得て公開させて頂きます。

 From Junko Collins 
ヴィエナのことを書いていただいて、ありがとうございます。
最後にはるよさんに会えて嬉しかったと思います。
思えば、ヴィエナはとても頭がよくて、機知に富んでいました。
表情も仕草も豊かなチャーミングなバーミーズでした。
毛糸のボール投げが大好きで、投げると拾って持ってきます。
そして、「もう一回ね」とばかりに、ボールを差し出して上目遣いで
私たちを見上げます。
「だるまさんが転んだ」も好きでした。
いろんな物や事柄に興味深々なヴィエナ。
失敗した時のヴィエナの表情や仕草も忘れられません。
表情も豊か、照れ隠しの仕草などはなんだが人間っぽくて、
思わずこちらの顔も緩みます。
私たちが帰宅すると、玄関まで出迎えに来てくれたりもしました。

悪性リンパ腫で余命を宣告された時は、治療の方針を決めるにあたって
本当に悩みました。その選択が正しかったのか、間違っていたのかは
わかりませんが、宣告された余命よりはるかに長く私たちと一緒にいてくれたヴィエナ。
最後の時がそう遠くないと感じた頃、彼女には会っておきたい人がいると、
強く感じた日がありました。決して近い距離ではないので、お知らせすべきか
迷いましたが、迷った末、お知らせすることに。
あの時は、わざわざ遠くからヴィエナに会いに来てくださってありがとうございました。
ヴィエナ、ほんとに嬉しかったと思います。飛駒のこと、はるよさんのことを忘れた日
は一日もなかったはずたから。

私たち家族にとって、ヴィエナと過ごした年月はかけがえのないものです。
ありがとう、ヴィエナ。
そして、我が家にヴィエナを連れて来てくださったはるよさん、ありがとうございました。

 Viena
           ヴィエナ さん
この記事のURL | Burmese | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<八月・葉月の蕗 | メイン | 鹿音(お焦げ)ちゃん>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/923-64b034fa
| メイン |