タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魅せられて・・・バーミーズ


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ヴィエナ & モカ 2

2016.08.03(05:54) 921

きっととても辛い再会になるだろうと覚悟を決めて、Collins家を訪問。
公園の近くで車を停めてお迎えを待ちました。道の向こうに浮かび上がった
シルエット、あら? クリスさん? のはずはなく、もっと若い長身の少年でした。
パパクリスとは何回かモカさんを連れてキャットショーにご一緒したのですが、
当時倫巳君はまだわずか3歳、そして今彼はアメリカンスクールに通う15歳の
高校生。でも、一瞬、クリスさんと感じたのは、やはりどことなく雰囲気が同じ!

全体がオフホワイトで統一された清潔なお部屋、ヴィエナはソファの上に、静かに
横になっていて、一見くつろいでいるようでした。私が名前を呼ぶと、ヴィエナは
わかったようで、少し顔を上げました。確かにやせてはいるけれど、でもとても
重篤な状態には見えません。それどころか、安らかで幸せそうで、笑顔を浮かべて
いるようなのです。ご家族もごく普通に接していて、日常の平穏な安らぎの中
まどろんでいるかのようなヴィエナさん。モカも時々そばに行ってお顔をのぞき
こんだり、とことことピアノの上を歩き回ったり、ごくごく平常通り!
涙の再会どころか、ご家族と共に楽しく猫語りをして過ごした2時間は、素晴らしい
時でした。
「良かったわね、ヴィエナ、こちらのお宅に迎えて頂いたのは、きっと
それが初めから決まったことだったからなのね!」
もう会うことはない最後のお別れでしたが、幸せそうなヴィエナの笑顔は心に
いつまでも残る大切な宝物となりました。
最後まで手厚い看護をして頂いたこと、幸せなヴィエナさんに会わせて頂いた
こと、Collinsさんに心から感謝を送ります。
今、蕗ちゃんが一家に加わり、ヴィエナさんに代わってモカ姉さんのお相手を
務め始めています。私がとても辛かった時を助けてくれた蕗ちゃん、今度は
Collinsさんご一家をもっともっとたくさん幸せにしてあげて下さいね。

ヴィエナ2




魅せられて・・・バーミーズ


<<鹿音(お焦げ)ちゃん | ホームへ | ヴィエナ & モカ 1>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/08/08 00:35】 | # | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/921-a7840765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。