2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
秋の味覚 寿司清さん
- 2015/10/13(Tue) -
産後の疲れでサララちゃん、金曜日に緊急入院。
土曜日の食事会はキャンセルを覚悟しつつ4匹の赤ちゃんたちの哺乳を
一晩頑張って、翌土曜日、高速を一目散に宇都宮に。
玲子先生や、スタッフの皆さんの手厚い看護と、一晩通しての点滴が功を奏し、
サララちゃん、顔色も良く食欲も出てきた様子に一安心。
後は飛駒のムツゴロウさんに託して午後の便で上京することができました。

寿司1

お通しは白魚の酢のもの、水たこの吸盤。大きな吸盤で、噛んだときのこりっとした
感触が新鮮。

寿司2

先ほど吸盤をいただいた水タコのお造りと鯛の昆布締め、柚子の香りに季節感!

寿司5

赤貝、鰯、卵も添えて牡丹海老。 薫り高い赤貝はまだ生きているように動いて、
海老のとろりとした甘みは、優しく優しく舌の上に溶けていく。 あーぁ、幸せなこの時!

寿司3

“命”を頂くのだから、無駄なく全て頂きましょう。 牡丹海老、殻もカリッと揚げていただいて
カリカリカリカリ、冷たいお酒「鷹勇」(タカイサミ)がするする喉を通り過ぎていきます。

寿司4

さすがに蟹さんは甲羅を頂くわけにはいきません。 これは甲羅を器に仕立てて蟹グラタン。
身は握りで頂きました。

寿司9

きれいなアートです!  店長さんのお得意の一品、烏賊握り。 透き通るような美しさが
匠の手技で芸術品にまで高まりました。 お・い・し・い

寿司6

キノコの小鍋。もちろん松茸もたっぷり入っています。 贅沢な旨みにまたまたお酒が・・・・

寿司7

デザートのようなトマト。今回は小ぶりでしたが、甘みが凝縮されていました。

寿司8

料理の匠、K店長さん。繊細な手の動きの中から次々と音楽が作り出されるように
美味しい品々が現れてきます。 カウンター席、この店長さんのお席はなかなか予約が
難しいそうで、この日キャンセルせずにすんだこと、Usui 犬猫病院の皆様に感謝
この記事のURL | グルメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<猫のカタログ2016 | メイン | ある日の Coco >>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/839-37c7a48c
| メイン |