2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
コンサートの後は西新宿で。
- 2015/05/21(Thu) -
コンサートで、素晴らしい歌声を満喫した後は、美味しいお食事を!
「いきなりステーキ」で、ヒレ肉300g、サイドメニューにサラダとスープのセットを
予定していたのに、同行者が「いきなりステーキ」拒否!

次郎丸3

連れて行かれた、この「次郎丸」の方が美味しいと言うことでしたが・・・・

次郎丸1

このずらりと並んだお品書きを見ても、何が何だか皆目見当がつかず、
とりあえずリブとかサーロインとかを注文。

次郎丸2

まぁ、それなりに美味しいのでしょうが、300gのヒレステーキが食べたかったのに・・・・
全然不満足。

いたりあ2

で、結局、同じ通りにある本格フランス料理の「立ちのみフレンチ」に。

フレンチ1

私が「突き出し」と言ったらお隣から即座に「アミューズ」と訂正が入りました。
amuse-bouche (口を喜ばせるもの)、略してアミューズだそうです。
小さな器の中の大きな世界! 確かにアミューズ!
鴨、柔らかくしっとりとしていて脂身のところの何とも言えない旨みに
aaa,これこそ求めていたお味と大満足。 チーズはさっぱりと、下に隠れた
お野菜は、上にあるチーズと鴨を押し上げるほどの命にあふれた新鮮さ。
パラパラっと黒コショウ、でも、この香りがまたいいのです。
これだけでもう申し分なく満足!

       フレンチ2

さて、何を注文しましょうかとワインを飲みながら考えていると、目の前に見過ごせない
おいしそうなものが現われました。
シェフが一つ一つバターを伸ばしてパセリをちりばめて、今まさにオーブンにいれるばかりの
フランスパン。
「あ、それいただきたい!」
ところが、このガーリックフランスパンは、事前予約が必要なスペシャルメニュー。
シェフ自らが作るフランスパンで数量に限りがあるようです。
あらぁ〜とがっかりしていると、サプライズが起きました。
「特別に。」と、オーダーを受けてくださったのです。
ガーリックバターがパンに溶け込んで、美味しさが広がって・・・・・
aaaと、これもまた満足の世界!
先ほど、お肉を食べても食べても満たされなかった思いは、こうもあっけなく
アミューズとガーリックパンだけで満たされてしまうなんて!

フレンチ3

アミューズとガーリックパンですっかり満たされたとは言うものの、それだけで終わってしまう
訳はなく、続いて大好きなキンカン。 今日は少し小さめでしたが、それでもぷちっとかんだ時の
濃厚さ、素敵!

フレンチ4

最後がこのラムチョップ。
50分はかかりますと言われて、考えていたら、それだけで10分経過、でも注文したら
20分ほどで出来上がってきました。
骨付き肉の美味しさが十二分に味わえたフレンチでした。

このお店のシェフの動きには切れの良いリズムがあって、どんなに込み合っていても
一人でこなしていくのに十分な冴えが感じられます。
近くまたぜひ訪れたいと思った店でした。
次回はもっと空腹で伺いたいものです。
この記事のURL | グルメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<赤ちゃん誕生 | メイン | テッセラの春 波多野睦美>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/810-d56f5a73
| メイン |