2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
立ち呑みフレンチ2
- 2014/09/15(Mon) -
         イタリア1

まずつき出しで、「鴨ロースト」、添えてあるバナナに、ちょっと違和感を覚えたのですが・・・・
これがびっくり! バナナの甘い香りが鴨に寄り添って、鴨の魅力を引き立て役!
鴨にはオレンジと思っていた常識、ひっくり返りました。

4イタリア

黒ムツのカルパッチョ。ピンクペッパーの香りが、ムツの香りを優しく覆って美味しさを送り出して居ます。

いたりあん

プチッ ジュワァ ~
すごっ!
「命の源」を食する贅沢、(罪?)、濃厚な濃厚な命が口の中に満ちました!
白レバー、ちょっと甘めのソースが絡めてあって、なんて美味しいの!
ソースにはかすかにハッカクの香りが。

いたりあ7

ほろほろドリのソテー。 ほろほろドリといえばフレンチメニュー、実は、
今日、本当は赤羽の「川栄」さん(孤独のグルメ)でほろほろドリをという
予定でしたが、時間の関係で予定を変更、この西新宿ということに。
さて、ほろほろドリ、お味は・・・淡泊で、七面鳥に似ているでしょうか?
付け合わせのエグプラントとズッキーニの方が美味しかった。

いたりあ8

鹿肉です。 
家の周りを走り回っている鹿の可愛いお顔を思い出すと、
少々抵抗を感じないわけではありませんでしたが、レアな焼き加減、
ソースのうま味など、申し分ない美味しさでした。

いたりあ9

最後は、とってもシンプルな「ポテトグラタン」。
600円くらいだったと思いますが、これがびっくり!
チーズが・・・・・・・・・チーズが、美味しい!
ポテトをスプーンですくってお口に運ぼうとすると、ポテトを覆ったチーズが
糸を引いてどこまでもどこまでもいじらしいほどどこまでもついてきます。
こんがりと焦げた部分も想定内、この焦げ目の香りが美味しさをプラス!

ここ「立ち呑みレストラン」ということですが、なんのなんの、料理がすごい!

親知らずを抜いたばかりで、まだ痛みが残っている状態ではあっても、
それでも夢中で食べてしまいました。
そんな時って、痛いのってどこかに飛んでいってしまうみたい(アハ)
この記事のURL | グルメ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<フリッター (フリちゃん) | メイン | 立ち呑みフレンチ1>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/735-ed50cdec
| メイン |