2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
のれそれ
- 2014/02/05(Wed) -
2月1日、エンジョイキャットクラブさんのショーに伺って、この日は東京泊。1年ぶりに大学時代の友人たちと
「飲み会」。会場は新宿3丁目「寿司清」さん。 いつものように生ビールで始まりましたが、この夜は東京泊と
いうことで、安心してお酒は新政(あらまさ)で。
私には少々フルーティーで、甘すぎたけれど、今人気だそうです。 青柳、赤貝、アワビなどの貝類が美味しくて
お酒が進みます。ボタン海老は特大を造っていただいて、とろりとあまーい美味しさを満喫。握りはなんと言っても
「赤身のづけ」が一番。金目鯛の甲煮もまた最高のおいしさで、脱帽です!  
自分で炊くときは、なかなか思い切った甘さがつかえませんが、ここまで甘くとろーりとした熟成された味わいを
鯛にまとわせるのは、やはりプロの腕のさえですね。

写真は「のれそれ」

P1130466.jpg


最後に昨年のあれ、「のれそれ」 またいただきました。
ケファルス(穴子の稚魚)。味わいは、心を落ち着けてゆっくりと味わうと、美味! まず、食感から来て、
味わいはゆっくり口中に広がっていきます。食感の方に気を取られていると、お味を忘れそうですが、これこそ
この季節を代表する季節のお味。

noreso1.jpg

noresore.jpg

「のれそれ」の語源
高知で、アナゴ類の稚魚を「ノレソレ」と呼びます。高知市付近 ではノレソレ、須崎市付近ではタチクラゲと呼ばれています。 地引網を引くと、ドロメは弱いのですぐに死んで網にくっつい てくるのですが、ノレソレは、そのドロメの上にのったり、それ たりしながら網の底に滑っていきます。この「のったり、それた り」という地引網の中の様からこう言われているようです。  
この記事のURL | hikoma日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キャットショーのお楽しみは・・・・ | メイン | 赤リボン 青リボン>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/682-7e30dedd
| メイン |