2018 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 05
赤リボン 青リボン
- 2014/02/03(Mon) -
2月1日、2日に渡って浅草で開催されたエンジョイキャットクラブさんのショーのため
久しぶりに東京泊に。 お泊まりとなると、潔さんに頼まなければならないことが、あららと
びっくりするほどたくさんありました。 
中でも、食事療法中のフリッターとガンバルニャン、ダヤン君の高齢猫たち。
「15歳おめでとう!」 昨年、臼井先生のところで表彰していただいたすぐ後で、フリちゃん
大病を患いました。 なかなか原因がわからなくて、かなり長期の入院になりましたが、なんと
原因はアレルギーと判明! 15歳過ぎてアレルギーだとわかったなんて・・・・
でも、z/d缶だけの食事に切り替えてからは目に見えて元気を回復! そして問題だったスプレイも
しなくなりました。そこでやっとケージからお部屋に出してあげられることに。 
ダヤン君もやはり同じ時期に長期入院、退院後は処方食、ガンバルニャンもまた・・・・
それぞれ1日3回、食事はケージの中で、終わってそれぞれトイレも済ませたのを見計らって
ケージから出してあげます。
バーミーズの男の子、お顔は似ているようでも、もちろん皆違いますが、ダヤン君以外は潔さんには
見分けられないので、数日前から赤リボンをフリちゃんに、青リボンをガンバルニャンにつけることに
しました。
「赤リボン、今日はあまり食べなかったぞ」とか
「青リボン良く食べていたぞ」
「赤リボン良い便が出ていたぞ」
「青リボンのところ水の減り方が多いぞ」などなど。
フリちゃんはすっかり「赤りぼん」ちゃんに、ガンバルニャンは「青リボンちゃん」に。
それにしても猫たちが高齢ならばこちらももう良い年をしたおじさんが「赤リボン」とか
「青りぼん」とか真剣に報告してくれている様子、考えてみたらなんだかおかしい!

さて、ショーも無事に済んで帰宅。 赤リボンのフリちゃんも、青リボンのガンバルニャンも、
ケージから出したり入れたり、うまく面倒を見ていただけた様子! 持つべきは動物好きの
良き伴侶!!!  感謝を込めて、浅草松屋で1,300円の豪華お弁当をお土産に。
有り難うございました。
この記事のURL | Burmese | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<のれそれ | メイン | とーーーーっても可愛いです、サテンちゃん>>
コメント
-こんばんは-
赤リボンちゃんに青リボンちゃん
何だかほのぼのします(^^)

我が家も猫さんのおかげで会話が弾みます。
毎日、猫さんで一喜一憂ですね。

2014/02/03 17:09  | URL | ちゅん #g4ZMSwSI[ 編集] |  ▲ top

-Re: こんばんは-
ちゅんさま

本当に、考えてみると夫婦の会話の90%は猫の話題。 主人は外観もムツゴロウさんに似ていますし、
良く面倒を見てくれています。というかかまっているといったら良いかも(笑)。

2014/02/04 06:47  | URL | hikoma #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/681-9fbe0d0b
| メイン |