タイトル画像

バーミーズ・ボンベイのカテゴリー

2014.01.26(05:52) 678

キャットショーに関係なく、ブリーディングにも関係ない方たちにとっては、
全く関心のないことと思いますが、バーミーズ・ボンベイのブリーダーとして、
カテゴリーが変更されるかもしれないということを、お知らせしておきます。

ご存じのように、バーミーズもボンベイも、日本でのブリーダーは非常に少なく、
世界でもまた減少の傾向にあります。私たち少ないブリーダーたちは、それでも
「血」が濃くならないよう、国を超えて世界のバーミーズ・ボンベイブリーダー
たちとブリーディングを協力し合っています。でも、それでも遺伝子プールが
少ないことには変わりがなく、まずCFAで異種交配が取り上げられ、次いでTICAでも
カテゴリーの変更が、ハーリンゲンで行われているボードミーティングでとりあげられて
います。
バーミーズはカテゴリー2に、ボンベイはカテゴリー4にということは、バーミーズが
バーミーズ以外の猫種との交配を、ボンベイもボンベイ以外との猫種との交配が
それぞれ認められるということです。
それは健康面ではきっとプラスに働いてくれるでしょう、でも、せっかく固定された
猫種の独特の特徴が損なわれることに通じていくこと、長年ショーキャットをブリード
してきたブリーダーとしては、なんとも辛い決断が迫られることになりました。
1月24日から26日まで行われているTICAのボードミーティングで、今、大泉
ディレクターが私たちの意見を代表して伝えて下さっていますが、結果が待たれます。



魅せられて・・・バーミーズ


<<K家3兄弟 “飛鳥の宝物”  | ホームへ | サテン・ヒューマ・マドカ君 ワクチン2回目完了>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/678-880d6677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)