2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
仔猫のアメイジングミュージック
- 2011/06/02(Thu) -
思い出してみると一昨年の6月9日、Yさんの所でアロアが出産。

「足が出てきちゃってます、どうしたら・・・・・・」

電話の向こうでYさんのせっぱ詰まった声、逆子でした。

「滑るからティッシュを使って、赤ちゃんの足を持って陣痛に併せて
ひっぱって!」

しばらくして・・・・

「ああああ、でてきました!」

独身の若い男性が、どのような思いで愛猫の難しい出産を
助けたか、それを思うと、感謝などという言葉では到底言い表すことも
できません。

男の子1、女の子3と、今回と同じ。
女の子は葵ちゃん、茜ちゃん、禿ちゃんで、一番大きかった葵ちゃんを
東京のWさんに託しました。

その葵ちゃんが、こんな可愛い子たちを生んでくれて、夢のよう!

ぱらぱらぱらぱら

とんとんとん

ちゃかちゃかちゃか

ばっばっ

とことことことこ  とことことこ

仔猫たちの創り出す音はリズミカルで躍動感に溢れ、どんな嫌なことも
忘れさせてしまうアメイジングミュージック!

“わうわうわう”

美味しい美味しいといいながら、ドライフードを食べたり、ペースト状の
缶詰を食べたり、忙しいこと!

男の子はアロアの長男ちび太くんによく似ています。
一番早く環境をちゃんと認識し、女の子に先だって順応しています。

葵ちゃんにそっくりな女の子が2人、それから我が家のココちゃんにそっくりな、
顔中お目々という子が一人。

今週末には、仔猫たちの撮影会、でも、あまりにも活発で、上手く撮れるかしら?

だいぶ不安です。

この記事のURL | Burmese | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<怖いもの見たさ! | メイン | 仔猫たち >>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/520-cacc8a45
| メイン |