タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魅せられて・・・バーミーズ


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

大地震 その1

2011.03.13(20:23) 489


皆様からご心配いただきまして、有り難うございます。
hikomaの近況は以下をご覧下さい。


なお、東北地方で、被害に遭われた多くの方々のご冥福を心よりお祈り申しあげます。
(合掌)


3月11日 金曜日 午後3時過ぎ。

(自宅で)

セロリのスープを作るため、ジャガイモ、人参を先に火にかけ、
束ねたセロリを盛大にざく切りしていたその瞬間、足下に
大きな衝撃、どっどっどっ 突き上げてくるような衝撃、次いで
ぐらぐらっ ゆ~ら ゆ~ら

あ、地震!

すぐにガスの火を消し、キッチンから居間に入るまでにも
グラグラして足下がおぼつかない。

高さ2メートル近い2台のケージは無事、書架もしっかり壁に
固定してあるので大丈夫、でも、テレビ・ヴィデオデッキが床を
滑りはじめている。両手で押さえて揺れがおさまるのを待つ。

猫たちは毛を逆立てて大恐慌。
ボンベイの姫路はトイレに蹲ってしまって硬直。

ひとり、オハゲにゃんだけは、そんな状況の中慌てる様子もなく
必死でテレビ台を押さえている私の足下にまとわりついている。

ながーい時間が経ったように感じられた。

潔さんもやっと起き出したようで、階段を上ってくる足音にほっと
一安心。

テレビ台を固定してもらうのを待って、すぐに教室のある佐野市内に向かう。

車を運転していても、何となく地面が揺れる感じが不気味。

(教室で)

山から下って、町中に入ると、交差点の信号機の点滅がない!

車は、相手の出方を見ながら、ノロノロと走行。
かなり多くの信号を通過するが、大きな交差点だけはお巡りさんが
手旗信号。

行きはまだ良かったが、帰りは何台か事故が。




もしかしたら、建物が崩壊しているかと、運転しながら伸び上がってみると、

あぁ、なんとか屋根が見えた!
柿の木、山茶花などの大きな木々も健在!

でも、車を停めて路地を入っていくと・・・・

古い方の建物は無事ではなかった。

縁側の部分の屋根が大きくずれて、その下の天井は崩壊、廊下は
屋根から落ちたゴロゴロした大小の粘土のかけらと土状のゴミが散乱。

でも、教室内は、問題集が机から床に落ちた程度。

奥の部屋にいるチャチャはどうした?

私の気配を察して鳴いている声が聞こえていたので、無事はわかったが
お顔を見るまで不安。

ドアを開けると、いつものあのやたらに大きくて長いボディが心なしか小さく
縮まって見えはしたが、それでも、すり寄ってくる頭を撫でると甘えて
足に抱きついて放そうとしない。

重い身体を抱き上げて、暫くそのままに。

ふぅ~っと満足の溜息とともに、チャチャの身体から緊張が解けていくのを感じて
その後は泥の散乱をお掃除。

いずれにしても、停電したままなので、授業は無理。それでも教室に来るかも
知れない生徒を待って、前の新しい方の教室で、暗いなかF先生と、高校生の
生徒たちと、ボリボリとラスクやおせんべいをかじりながら時を送る。

窓の外、異様に赤い夕焼けが妙に美しく感じられる。

「先生、今日、授業ある?」

やはり何人かの生徒達がやってきて、それぞれに休講を告げて、やっと帰宅。

(再び自宅で)

家の方もまたこれ悲惨な状況。

ガスはプロパンなので、使用できたが、電気が停まると我が家は水道が使えなくなる。
潔さんが下の沢まで降りていってはお水をくみ上げること数回。

暖房が気がかりだったが、灯油ストーブを復活させて2台、猫のお部屋の暖房も
これで何とか一応は間に合わせが出来る。

食事の支度、先程作りかけていたセロリのスープを暖めて、あり合わせで済ませるが、
その準備も懐中電灯と小さなろうそくが頼り。心許ないこと限りなし。

さて、それから、問題は旅立ちの支度!
土曜日に、私は韓国のショーのため出かけることになっていた。
海外旅行と言っても、もう度重なっているので、準備など、いつも前の晩ギリギリに。
そんなずぼらさが災いして、今回は最悪の事態。
それでも暗い中、なんとか支度を整えて、でも、出にくい。。。。

「気をつけて行ってこいよ!
 
 絶対無理するなよ!」

“やめろ”と言われるのを覚悟していたが・・・・

さすがに、私のこと、もう十二分に理解した上での潔さんの言葉。

******* ******* *****

スミマセン、でも、ジャッジを受けたからには、何があっても出来る限りのことをしなければ
ならないのがコントラクトを交わしたジャッジの責任。
日本のジャッジは・・・・と言われないために、とにかくベストを尽くさねば、と言うことで
後ろ髪を引かれる思いで家を後にしましたが、3月12日の土曜日は、これまで私が
経験したことのない最悪の1日になること、その時点ではまだ全然予想も出来ませんでした。


魅せられて・・・バーミーズ


<<大地震 その2 | ホームへ | フリッター & Bombay 赤ちゃん>>
コメント
無事でよかったです。心配してましたよ。
あんな山奥の家に住んでて木が倒れて家が壊れてるんじゃないかと。でもまだ余震続いてるようですから、十分注意してください。
【2011/03/13 22:48】 | キキ〮パリ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/489-721b3196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。