タイトル画像

2010.11.01(05:59) 465

P1080810_20101101055251.jpg


P1080813.jpg

セルカーク レックスを審査するMark


P1080826_20101101055251.jpg


シールミンク スポテッドタビー BG


P1080827.jpg


P1080828.jpg




先週火曜日に帰国、日曜日にはまた国内のショー、それも

無事務めて、やっと一息。

それにしても、やはりSAFARI ショーはすごかった!

あれだけの同一猫種を審査できる機会はそうあるものではない。

ご招待下さったクラブには本当に感謝!

ENCHANTED キャットクラブ、長年の友人パットさんをはじめ、

ヴィッキー、アドレアナなど、素晴らしい方達ばかり。

土曜日は私は自分のジャッジリングからでられなかったので、会場の

様子はわからなかったけれど、日曜日には会場内をくまなく見て回り、

イベントが行われる様子も楽しく見学。

出来るだけ多くの参加者に賞が行き渡るよう、クラブはきめ細やかな

配慮をしていて、でも、それを行うために、会長でもあるヴィッキーさんは一刻も

一所にじっとしていることなく、絶えず準備に追われて、滝のような汗。

また、80歳になるというパットさん(ジャッジとしての経歴も長く

このクラブの中心人物として活躍)もフランスから来たジャッジ、マルクの

リングでクラーク兼スチュワードまでこなすという働きぶり。

以前クレドでもご招待したことのあるビル リー氏もクラークのお仕事を。

誰もが、このショーのために、自分に出来ることはなんでもやろうという

心構えがひしひしと伝わってきて、大感激!

フランスのジャッジマルクは私がトレイニーをしたこともある若手ジャッジ。

どのようなジャッジが出来るようになったかと、少々気がかりで審査を

拝見すると、なかなかなジャッジ振り。

猫の扱いが優しく、上手!

早速、クレド6月のショーに来日を予約。

お写真は、そのマルクとSeal Mink Spotted Tabbyの素晴らしかった

ベンガルキツンさん

魅せられて・・・バーミーズ


<<Glico | ホームへ | SAFARI Cat Show>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/465-ce13fed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)