2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Marco(マルコ)
- 2010/08/12(Thu) -
Marco



marco3.jpg



marco2.jpg


marco4.jpg




marco1.jpg




「マルコ」

葵ちゃんの赤ちゃんのお名前、「マルコ」と伺いました。

「紅の豚」からのネイミングだそうですが、思い出すことがあって

ちょっとドッキリ!

実は、“マルコ”に関しては、このような忘れられない思い出が

あります。

初代“マルコ”は、私の親しい友人Wさんのところにお世話になって、10年、

大きな眼をしたとにかく可愛い子でした。

甘ったれで、特別にWさんのご主人が可愛がっておられたそうです。

ところが、そのご主人が突然心臓疾患で倒れて救急車で病院に。

心停止の状態で、もう“死”はほとんど確定!

ところが、ところが・・・・・・

危篤状態だった、そのご主人の夢の中に、マルコが現れました。

まず、美しい花畑が見えたそうです。

そこに向かって歩いていこうとすると、突然マルコが行く手を遮り

W氏に近寄ってきて、頬ずりをして、花畑の向こうに去っていった。

W氏は取り残されて、途方に暮れたように佇んでいたそうですが、

そこで、はっと目が覚めたとのこと。

一方、W家の留守宅、突然マルコに異変が生じました。

それまで元気だったマルコが突然倒れて、あっという間に亡くなって

しまった。

ご家族は本当にびっくりなさったそうですが、とにかく緊急の場合で

ご主人のことと結びつけて考えることもなく、それでもマルコを手厚く

葬ったそうですが、ご主人が退院後、実はこんなことがあったと知って

マルコは、きっとご主人の身代わりになったにちがいないと、そう確信した

と言うことでした。

「“マルコ”に助けられた」と、私もW家のご主人から直接その不思議な

体験を伺いました。

葵ちゃんの仔猫のお名前が“マルコ”と伺って、随分昔のことでしたが、

初代“マルコ”の貴重なエピソード、思い出しました。

やはり、バーミーズは発祥はビルマの聖地、なにか不思議な力を

持っているのかもしれません。

この記事のURL | Burmese | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<新米パパのためのトイレ講座2 | メイン | 新米パパのためのトイレ講座>>
コメント
--
不思議なお話しですね。
ご主人が抱っこして、一緒に戻って来たら良かったのに。
ホロリときます。
2010/08/12 09:24  | URL | さつき #MF8IyTP2[ 編集] |  ▲ top

--
名前の由来はそもそもスタジオジブリのアニメみたいな話ですね。
2010/08/12 15:23  | URL | キキ〮パリ #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
> 不思議なお話しですね。
> ご主人が抱っこして、一緒に戻って来たら良かったのに。
> ホロリときます。

本当に、お話しを聴いたときにはびっくり!
一緒に戻ってきたら、良かったのにねぇとは、
やはり何回も思いました。
2010/08/12 15:50  | URL | hikoma #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
> 名前の由来はそもそもスタジオジブリのアニメみたいな話ですね。

初代マルコ、そう言えばアニメのような、お顔中“目”というお顔
でした!
2010/08/12 15:52  | URL | hikoma #-[ 編集] |  ▲ top

-マルコ 後日談-
Wさんの次男の方は、その後北里の獣医学科に入られ、研究者として
現在も活躍中です。

なにせ、10年くらい前のことなので、記憶も定かではありませんが、
W氏が、訥々と語られた「まるこ」(初代マルコは、ひらがなで“まるこ”
でした。)のお話し、思わず涙が抑えきれなかったことはありありと
蘇ってきます。
2010/08/13 07:25  | URL | hikoma #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/435-7e27b3d0
| メイン |