タイトル画像

上野奏楽堂

2010.05.07(08:07) 394

P1060944.jpg


4月3日、上野は花見客で大賑わい。

平安貴族から鎌倉武士に政権が移ってから、「花」といえば
「梅」から「桜」になって、以後日本の国花として「桜」は定着。



P1060906.jpg



それにしても、美しく咲き誇る花の下、ビニールのシートを広げ
夜の酒宴のための場所を確保するのに躍起になっている。

花が美しいなら、なおさら鑑賞の仕方も美しくありたいもの・・・・




P1060954.jpg


奏楽堂は、その様な賑わいからは離れたところにありました。


P1060959.jpg

明治23年に創建されたというこの奏楽堂は、国の重要文化財に
指定されている日本最古の木造洋式音楽ホール。

舞台正面に設置されたパイプオルガンは、大正9年に徳川頼貞侯が
イギリスから購入したという大変な年代物。

靴の裏に、木造の温かさを感じながらホールに入り、席に着くと
椅子の下に何とも見慣れぬヒーターが・・・・
ここからのぬくもりが音楽を鑑賞する人々の心もぬくもらせてくれるのかと、
昭和の時代にタイムスリップし、開演を静かに待ちました。











魅せられて・・・バーミーズ


<<上野奏楽堂 2 (4/3) | ホームへ | 今年の山椒>>
コメント
「花が美しいなら、なおさら鑑賞の仕方も美しくありたいもの・・・・」

たしかに言えてますね。せっかくの桜の光景がだいなし。自然の美しさを楽しむのはいいんだけど、あのドンチャン騒ぎは見苦しい。
【2010/05/07 17:23】 | キキ〮パリ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/394-4aadbb7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)