2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
寒いときの健康管理「尿石症」
- 2010/02/16(Tue) -
2月に入ってから、猫たちが体調不良をきたして、
ゼンちゃん、イッちゃんがまず入院、イッちゃんがひとまず退院した
もののまた入院。
次にコバミちゃん、空ちゃん入院、ゼンちゃん退院、次に
鹿の子、オチビ入院。
目が回る忙しさ。
そのほか尿石症の子も・・・・・

ということで、通院の時間もさることながら、投薬もしっかり朝晩1時間は
かかるという毎日の忙しさ!

動物を飼うということ、やはり大変なことだなぁと、わかってはいても
ちょっと“疲れます!”

猫たちが全体的に高齢になってきていると言うこともありますし、
女の子特有の病気もでやすくなっていますし・・・・

やはり、保険は必需ですね。

*ホームドクターから「尿石、多発してるから、男の子、出来るだけ
 オシッコ検査しましょ!」と容器を渡されて、“面倒な事になった”とは
 思ったけれど、早速今日、オシッコの仕方が怪しいと思われる子の
 検査をしたら、やはり的中!
 今日からs/d とゼンラーゼ開始。

 寒い時期は尿石症が多発するらしい。女の子だからといって安心できない。
 トイレの回数が多かったり、いつもと違った場所にオシッコをすることがあったら
 尿石を疑ってみましょう。

 室温を25度くらいに保つことと、ホットカーペットを用意するなど保温には
 注意。

*オシッコのとり方
 初めのうちはとても大変でしたが、すのこ式のトイレを上手く使って
 容易にオシッコを採取出来るようになっています。
 また、緊急の場合は、トイレのすぐ横にビニールの小袋を用意しておいて、
 トイレのお砂をザックザックと掘り始めしゃがみ込んだら、手にビニールを
 かぶせてそっと足の間に滑り込ませてオシッコを受けます。
 これが一番確実で簡単な方法!
 ホームドクターからスポイトと容器をいただいておくとなお便利です。



この記事のURL | Burmese | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<オペラシティ ソプラニスタ | メイン | 茜ちゃん>>
コメント
- -

hikomaさん、猫ちゃんたち大変だったのですね。
知らずにいてごめんなさい。
可愛がっている猫ちゃんたちが病気だと、気分が落ち込みますよね。
ちいさな孫が病気になると心配になりますから・・、わかります。
早くみんなが元気になりますように!
2010/02/16 23:18  | URL | 愛@地球博 #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: タイトルなし -

> 早くみんなが元気になりますように!

愛@地球博さん、ありがとう。
猫といっても、我が家では大切な家族の一員なので、
気に掛けていただいて嬉しいです。
2010/02/17 07:34  | URL | hikoma #-[ 編集] |  ▲ top

- お大事に! -

看病、大変ですね~。
hikomaさんが体調崩しませんように。
今のところ、我が家の2匹は元気です。
本当に健康が一番!ですね。
2010/02/24 21:57  | URL | わんこ #YH.l46Sc[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/380-fc4a7579
| メイン |