タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魅せられて・・・バーミーズ


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

茜ちゃん

2009.10.26(07:33) 339

P1060079.jpg P1060078.jpg P1060081.jpg 



9月に、NZのキャットショーから帰ってくると・・・・
長い留守が猫たちにも影響して・・・・・

まだやっと3ヶ月の茜ちゃん、右の目が大変なことに!

もともとちょっと眩しそうに目を細めることが多かったので、気にはなっていたけれど、こんなに腫れてしまうなんて。
原因は“逆さまつげ”ということが診察の結果判明。

珍しいケースだそうだが、逆さまつげが刺激して角膜を損傷してしまったとのこと。
良く見ると、明らかに目の表面が削れてしまって痛々しい。
治るかどうか、R先生の表情も険しい。
すぐに手術ということになった。

そして、ほぼ1ヶ月、エリザベスカラーをつけて目を保護しながら、毎日こまめな点眼を繰り返し、やっと、昨日土曜日、癒着があったのをレーザー処理して治療完了。

的確な判断と高度なテクニックを駆使しての治療、思わず拍手拍手

エリザベスカラーをつけての毎日の生活、本人にとってもさぞストレスが多かったと思うと愛しさがつのる。

今日、日曜日は、久しぶりにキャットショーもなく、一日ゆっくりとくつろいで猫たちと一緒の時を過ごす。

実は、茜ちゃんだけでなく、他の猫たちも次々とR先生にお世話になって、中には「危篤」状態にまでなってしまった子もいて、私自身相当に参ってしまったけれど、動物を飼うって、いつでもそんな危険との隣り合わせであること、わかってはいたつもりでも、改めて考えてしまいました。

 







魅せられて・・・バーミーズ


<<日経ホール 米良美一リサイタル | ホームへ | クレマン・ジャヌカン・アンサンブル その2>>
コメント
茜ちゃんのお目目は美しい碧。
初めて見せていただきました。バーミーズはみなこの色のお目目ですか?

いろいろなことが起こりますね。
きっとhikomaさんがお帰りになるまで、猫ちゃんたちも頑張っていたのでしょうね。お顔を見たとたんに緊張の糸が切れたのかも・・。

それだけ、絆が強いという証拠だと思います。
まずはお疲れさまでした。
【2009/10/26 23:05】 | 愛@地球博 #- | [edit]
お久しぶりです。
茜ちゃん、こんなに大きくなってたんですね。禿ちゃんもきっと大きくなってるんでしょうね。目は心配ですが(もう大丈夫なんですよね)、まんまるで可愛いです。
今回のアロアの仔は逆さまつ毛の茜ちゃんと、後ろの禿げたお禿ちゃん、
どちらも珍しいケースなのですね。
他の仔達、元気にしてるかな??

ブリーダーさんは、「あの仔どうしてるかな」が多すぎて大変ですね。
2姫のショービューを楽しみにしています
【2009/10/27 11:07】 | COZ! #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/339-5e96af0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。