2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
ほんとに天使?
- 2009/08/27(Thu) -
天使たち、今日のあのヤンチャぶり、これでも「天使」っていえる?

潔さんが、大きな猫のぬいぐるみを猫ベッドに入れてやると、
まぁ、なんということ、お髭をかじるは尻尾に飛びついていって
パンパンたたいてかじって引っ張って、毛をむしって・・・・

合間にカリカリ ヒルズのキツンドライを食べて、ちょっと一休みすると
またアタックしていくその元気!

性格もはっきりしてきた。

一番大きい「ちび太」君、ちょっとシャイ。でも好奇心旺盛で
慣れてくると甘えん坊。男の子の方がどうしても甘ったれ!
ケージを開けると真っ先に胸に飛びついてくる。
抱っこがお好き?

禿ちゃん、そもそもスフィンクスのようにいつまでもコートが
生えそろわなかったので、パパのCoZ!さんは「おはげちゃん」と
愛情を込めて呼んでいた。
一番小さかったので、慣れぬ手つきで哺乳も頑張ったし、
男手ながら、良くこれまでに育ててくださったと、心から
感謝!
そのように手がかかった子はちょっと我が儘になってしまう
傾向が・・・・
でも、無事に育ったことを思うと、何でも許せてしまうのよ、
ね、そうでしょ?
「オハゲちゃん」ではあんまりなので、せめてカムロ(禿)ちゃんと。

茜ちゃん。
あかね色の空の美しさを見ていたときに、今度可愛い女の子が
生まれたら「茜」という名前にしたいと、暖めていた名前。
明るくて友好的な性格。

葵ちゃん

今回最初に決まった名前。源氏物語に登場するあの葵の上の
ゆかりというわけではないが、気品があり、挙措にも優雅さが漂う美人。

(葵の上:光源氏の最初の妻。左大臣家の出で、知性と教養に満ちた
もちろん正妻。源氏より4歳年上であったことから、年下の源氏になかなか
うち解けることができないが、源氏の第一皇子夕霧をもうける。)

あー、こんな個性豊かで美人で可愛い仔猫たち、やはり何をしても
“天使”だわ!
この記事のURL | Burmese | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ちび太君 | メイン | ワクチン無事完了 天使達>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/319-6252f94d
| メイン |