2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
美味しかった?
- 2009/08/01(Sat) -
P1040645.jpg P1040646.jpg P1040647.jpg 

 

カボチャの苗、今年は3本購入。プランターに植えたところ、どんどん大きくなって小さな畑をぐるりと

取り囲むほどに。次々に黄色い大きな花が咲いて、丸い実も次々について、これが全部大きくなった

ら毎日カボチャばかり食べるようになるのかな?

レパートリーを増やさなくては、などと頭を悩ませていたら、そのうち雨ばかり泣泣泣

せっかくついた実は茶色に変色、でも2個だけは無事に残った。

竹篭を実の下に置いて、風通しを良くして毎日成長を楽しみにしていたのが、なんと、なんと、

昨日のこと。

「カボチャ、採ったの?」

「え?」

「ないよ。」

え、そんなはずは・・・・

と言いながら外に出て畑を見ると 目 

あー

カボチャ have gone with the wind  絵文字名を入力してください

 

 

 

いったい誰の仕業?

ヒドイ、ヒドイ絵文字名を入力してください

その夜。

「あ、なんだなんだ!」

潔さんの声。

「え、なぁに?」

「親子連れだよ!」

狢の親子だった。
逃げていく姿が懐中電気の輪の中に浮かび上がったのを見ると、体色はきれいなライトブラウン、
振り向いたお顔はミアキャットのように可愛くて、まだ若い狢。

そうか、この子達がカボチャを味わってくれたのかと思ったら、それまでの腹立ちも治まって
「美味しかった?良かったわね!」の心境に。

近隣の農家の畑には枯れてしまった野菜が目につくこの頃。
きっと狢さんたちの毎日の食生活は厳しい状況にあるに違いない。
そんな彼らにとって、ささやかながら、私のプランターのカボチャがお腹の足しになったなら
それはそれで「良し」としましょう。
ぶらっくま
この記事のURL | hikoma日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<凌霄花(のうぜんかずら) | メイン | 子丑寅卯辰巳の「巳」さん その2>>
コメント
No title -
hikomaさんの、そのやさしさに小さな幸福を感じました。
2009/08/01 16:54  | URL | るるーまぶぞう #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/306-4cf7b9c2
| メイン |