タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魅せられて・・・バーミーズ


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

日曜庵 1

2009.07.14(13:43) 299

P1040940.jpg


http://gourmet.livedoor.com/restaurant/8076/



「日曜庵」という店名ではあるけれど、幸いなことに日曜日のみの営業ではなく、
金・土・日・祝日に営業。

暑い陽射しに梅雨が明けたかと思われた7/11日、綾瀬のキャットショーにかこつけて、
心はすでに「日曜庵」に。

帝釈天の境内を通り抜けて左裏手、駐車場のある方に出て通りを向こう側に渡ると
すぐに“蕎麦どころ”の看板。

涼しそうな暖簾をくぐると、シンとした静けさと淡い柔らかな照明にホッと心が和みます。
でも、店内には何組かの先客が。

「せいろ」「田舎蕎麦」は以前注文済みなので、今日は「粗挽き」を。
ぼきぼき切れてしまうようなお蕎麦では・・・とちょっと心配。









なごり雪(ざる豆腐)星星星


P1040941.jpg


まず、ざる豆腐の「なごり雪」から。

渋い自然の灰釉で焼き締めた器にふわっと盛られ、まさに名残の雪を思わせる。
濃い口醤油にエゴマオイル(紫蘇オイル)を数滴たらして、すり下ろした山葵を細めの
箸の先で少しとって小皿に取り分けたお豆腐に添え最初の一口、
あ、おいしいふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

二口目は塩で。
お醤油のこっくりした味とは一転、爽やかで引き締まる、良く知っている“お豆腐”の味から
離れて別の食材とのめぐり逢いの感。

お醤油にしてもお塩にしても、添えられたエゴマオイルが絶妙の引き立て役。

(この後、いよいよ粗挽き蕎麦に)






魅せられて・・・バーミーズ


<<日曜庵2 | ホームへ | 葛飾柴又帝釈天>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/299-32e3df5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。