タイトル画像

梅塩

2009.06.28(05:31) 293

P1040866.jpg


私の好みに詳しい友人が珍しいものを送ってくれた。

「梅塩」

フランスのゲランドの粗塩を梅酢と合わせて、更にそれを煮詰めて煮詰めて
作った梅塩。

「送りますね」と聞いたときから“早く、早く!”と、食いしん坊の血が騒ぎ、
待ち遠しかった梅塩。

とてつもない時間と、煮詰めるときの暑さ、「大変だったのよ、もうやりたくない!」

そんなこと言わないで、きっと私好みよ

開けた瞬間、“お握り”したい!
と思った。

ぽろっとした茶色い塩、ほんのひとつまみ舌の上にのせてみる。

塩気と酸味が溶け合って、そこにすこーし苦みも加わって、申し分ない
私の好み味!

美味しい、美味しい!!!

夜、小さくご飯を握ってヒラメをのせて、その上にパラパラッと梅塩をかけて
紫蘇で巻いた。

潔さんの満足そうな顔






P1040865.jpg P1040864.jpg 

P1040863.jpg 

 

我が家のささやかな菜園から、今年初めて収穫したキュウリお茄子にセロリも

加えて、梅塩で軽くもんで即席漬けに。

塩だけで揉んだのとは全く違う複雑な味の妙。

梅酢の酸味が何とも言えず爽やかに口中にひろがり、今日の暑さを忘れさせて

くれる。それだけではなく、お茄子の白がほんのりピンクに色づいて、冬から春に

移り変わる嬉しい“時”を告げる「梅の花」、花の色はほとんど白でも中心にポッと

ピンクの芯があって、その色が季節を越えてここに現れたのかと、いとおしいような

思いさえ抱いてしまった。

島根「赤来高原」産のやまと芋は赤身の漬けとともに、お茄子は含め煮、

他、ヒラメの煮付け、筑波のシジミのすまし汁など、どれもおいしかった!

今日は猫のことでいろいろ心配事があったのが、信じられない良い結果が出て

嬉しかったのと、この梅塩の到来が重なって最高の日!

 


魅せられて・・・バーミーズ


<<「誰かがどこかで」ー虹色の糸ー | ホームへ | 宴会>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/293-da8dad58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)