タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魅せられて・・・バーミーズ


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

猫ベッドの効用

2009.05.30(07:03) 278

P1040623.jpg

赤ちゃんのママ。
エコーを撮る時って、仰向けで苦しい姿勢になって
不安も増します。
R先生の提案で、我が家のお母さん猫たちは必ず
猫ベッドに入ったまま仰向けでエコーを撮ります。
硬くて冷たい診察台の上とは違ってベッドの中なら
そう恐くはなさそう。
少しでもリラックスできるような、グッドアイディアです。


“帝王切開に踏み切るとき”

これはなかなか難しい決断になります。

もしかしたら自力で産めるのでは?
というより、自力でなんとしてでも産んで欲しい!という願望が、
冷静な判断を曇らせます。

でも、それは仕方のないこと・・・・

「切る」「切らない」?????????

今回帝王切開に踏み切ったのは、レントゲンで仔猫がとても大きかったこと、
それから、予定日母猫のお乳が張ってこなかったこと。
お腹が硬くつっぱってこなかったことなど・・・・

予定日だった63日目、お乳、全然でない。
お腹、全然硬くならない。

で、手術の予定を変更。

翌火曜日、一晩様子を見ながら朝一で病院に。

「どうしましょう?」
「どうしようか?最近では、予定日は66日で計算するのよ。」

としたら明日の方が?

でも、もし、お腹の中でなにか異常が起こっていたら?

話し合いながら、とにかくエコーを撮ってみましょうということになって、
猫ベッドでエコーを。
すると、赤ちゃんの心拍が異常に早い!

「あ、これ、もう大丈夫!心拍早い!」とR先生。

トッコトッコトッコトッコ

“もう出たい、出たい!”

そう訴えているよう。

ということで、帝王切開に踏み切りました。

結果は、切って良かった!

前回の手術の際のなにか後遺症があって、仔猫が非常に出にくくなっていたこと、
さらにお母さんのお腹の中がもう内膜症を併発していたことなどから、切らなかったら
お母さんも仔猫もきっと駄目だったかもしれない。

「帝王切開」、するか否か、なかなか難しい選択ですが、やっとそのタイミングを
会得し始めたようなそんな気がした今回の経験でした。



魅せられて・・・バーミーズ


<<アロア | ホームへ | 誕生>>
コメント
妊婦さんになってるときって顔がいつもよりも更にまん丸なので余計に可愛いですよね!
【2009/05/30 10:31】 | CoZ!(コゼツ) #- | [edit]
何とも言えない、ママ猫ちゃんの表情。
かわいらしいです。

決断って本当に難しいですね。
自分でその責任を取れるかどうか、、、

hikomaさん、タイミングを会得し始めたのですね。
でも、hikomaさんほどの方でも、難しいことなのですね。

【2009/05/31 22:07】 | わんこ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/278-fc5a0c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。