タイトル画像

チョコちゃん

2009.05.08(06:31) 271

なにをかくそう・・・・

実は、実は、1年以上も前のこと。
もしかしたらお腹が大きいのではないかと思われる猫が教室に登場。

また銀&茶々の繰り返しかと思わずドキッ。

“お腹が空いて空いてたまらない!”


“お腹が空いて空いてたまらない!”

というせっぱ詰まった状況だったのでしょう、ガツガツガツガツと銀&茶々の
餌を食べていたところをドアを閉めて閉じこめて、とりあえず捕獲。
その後、出血はあったけれど出産の気配はなく、以後ずっと、“慣らして避妊”を
目指し、ひたすらひたすら優しく優しく面倒を見てきたチョコちゃん、この“チョコちゃん”
という命名も、生徒から募集し決定! 命名者には豪華プレゼントをさしあげたり、
教室全体で関心を持って見つめてきたにもかかわらず、チョコちゃん、慣れない。
でも、授業中に教室に入ってきてゴロゴロゴロゴロクネクネして結構くつろいではいた。
R先生にもご相談して安定剤を餌に混入してみたことも、でも、野生猫はすごい、
なにか少しでも変化があると餌を決して食べない。

それでも、日々努力の成果はあって、手つきの食器にドライフードをいれて
そっと差し出すと用心しながらも食べるようになった。
食べさせながら、慎重に食器を持った指を移動させてそっとチョコちゃんの喉を
なでる。と、そこまで1年がかりでもってきたのに・・・・・・

教室の屋根補修工事。

とっても嫌な予感があったので、一日延ばしにしてきたけれど、雨漏りを放置して
置くこともとうとう出来なくなって潔さんに依頼。

1日目は私も一緒に出かけて、チョコちゃんの様子をみながら潔さんのお手伝いをして
なんとか無事終了。でも、一日では済まなくて、2日目。

「ゆっくり休んで、あとわずかだから。」と潔さん。

「ありがとう、でも、お掃除がまだ残っているから・・・・」と、私。

(え、私が行かなかったらチョコちゃんはどうなるの?)

そんな不安があったので、2日目も当然一緒に行くつもりでいたら、あっと目覚めたら

Kiyoshi has gone with the wind!

でした。


慌てて後を追ったものの、教室に着いたときにはあぁ、時既に遅く・・・・・

チョコちゃんは私が心配したとおりその姿を消してしまっていました。

1年間の努力が一瞬にしてむなしく消えてしまった・・・・・・・・・・・・・

(続く)






魅せられて・・・バーミーズ


<<チョコちゃん その2 | ホームへ | 山椒>>
コメント
ひこまやまのむつごろうさんの優しさが、裏目に!?
ああ!続きはいかに!
【2009/05/08 23:24】 | わんこ #YH.l46Sc | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/271-c43ad994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)