2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
あぁ、櫃まぶし
- 2006/04/03(Mon) -
4/1・2

AJCのショー
何年ぶりかの名古屋のショー、
獅童くんと共に参加。

早めの帰京となったので、名古屋駅構内で
きしめんを食べて、「櫃まぶし」を買おうと思ったが
大荷物なので、改札は出来るだけ荷物は少ない方が
通りやすいと考えて、構内で買うことにしてとりあえず
改札を通り抜ける。
柿千の「櫃まぶし」は『ホームでも購入可』と聞いていたので、
新幹線のホームにある全部のKiyoskの売店で探したが、ない。

ない・・・・

300グラム体重が増えた獅童くんの入ったキャリーが重く、
手がぬけそう。
2往復して、探し回ったが、結局やはり柿千の「櫃まぶし」は
見あたらない。
とは言っても獅童君を連れてそうそう歩き回ることも出来ないので4時21分発の新幹線“のぞみ”には是非乗りたいと考えて、仕方なくお弁当売り場にあった「櫃まぶし」を購入。

「一度で二度美味しい(ワサビ、海苔付き)
お好みに応じてワサビ、海苔をのせてお召し上がり下さい。」

黒い地の紙ラベルに黄色・緑・白でそんなキャッチコピー、
桶を模した容器もいかにもいかがわしい感じのものだった。

飛駒の自宅に帰ってから、それでも、さてどんなものかと期待にもえて慎重に蓋を開けた。
この瞬間のときめきは言葉に尽くせない最高の時。

ところが・・・

痩せた肉薄のうなぎが6列ほどハリのない茶色い御飯の上に
整然と秩序良く並んでいる。

その周りにぱらぱらと数えられる程度の炒り卵。
別のパックでお海苔と鮮やかな緑のワサビ、山椒がセット化されていた。

別容器に入っていた“たれ”は甘すぎて使い道なし。

美味しくないというならまだ許せる・・・・

でもこの「櫃まぶし」は非常にまずかった!
(許せない)

製造者はと良く調べてみると、日本橋のJR○○○・・・

えぇ!!!
私は名古屋の駅で東京方面に帰るに当たって日本橋製のお弁当を買ったの?

お粗末なこと限りなし!

でも、なぜ構内で購入できるはずの柿千の「櫃まぶし」がどこにもなかったのだろう?
わざわざ柿千の『櫃まぶし』と私は聞いているのだから売り切れたのであればお店の人はそういうだろう。

獅童くんのショーでの好成績で弾んでいた気持ちが、これですっかり沈んでしまってがっかり。。。

「櫃まぶし。。。あぁ、ひつまぶし。。。。」

残念でした。

           トホホホホ












この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コバミちゃん | メイン | Cat Show>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikomaburmese.blog38.fc2.com/tb.php/253-b4e48688
| メイン |