2013 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2013 05
ねずみ
- 2013/04/18(Thu) -
4月に入って、暖かい日が続き、見事に咲き誇っていた桜も風に散り始めて、
何となくけだるい春の到来。この時期、我が家では決まってネズミの被害が
続出。
今年も4月に入ったら待ってましたとばかり、仕事場にネズミがチョロチョロ
姿を見せ始めました。初めはカサカサっという音と気配だけでしたが、そのうちに
視覚の中にその可愛い姿がササッーーーササッとかすめるように入ってきて、
それで捕獲器を設置しました。中に入れる餌にちょっと贅沢をして、ホタテの
貝柱がそのまま入った蒲鉾(私がたべたいような良い蒲鉾)をつかったところ、
待ってましたとばかり、すぐに捕まりました。
良く見るとつやつやと毛づやが良く、いかにも美味しいもので栄養を十分摂っている
そんな健康的なネズミ。ステンレスのカゴの隅の方にちょんと座り込んでじっとしています。

少し離れた山の中に車で捨てに行ってもらって、これで一安心と思ったら、甘かった。。。
翌日も、又その翌日も、毎日毎日、連日もう10日以上。

とうとう潔さんが言い出しました。
「もしかしたら、同じネズミじゃないか?」

でも、良く観察してみると大きさ、コートのカラー、気質などが微妙に違っています。

「でなければさぁ、ネズミ同士で情報を流しているかもな」

“あそこの家には猫はいるけれど、餌もいっぱいあるから行ってみな!”

それで次々に新しいネズミが登場?

でも、潔さんは、同じネズミだと思っているよう。

なにかで印を付けてみようかと思ったけれど、ショック死したりされるのもいやなので、
今日もそのまま山向こうに連れて行って放してきてもらいましたが・・・・・

良く見ると、ネズミも可愛いけれど、猫たちはこのネズミにはあまり関心を示さない。
我が家の猫たちは、もはや猫ではなくなっているのかも????



この記事のURL | hikoma日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ