2011 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 10
TV ドラマ Boston Regal
- 2011/09/10(Sat) -
舞台はボストン、超一流の弁護士事務所。
揃いも揃って有能な中、さらに際だっているのが、ジェームス
スペイダー演ずる“アラン ショア”。

ジェイムス スペイダーをスクリーンで観たのはかなり以前のこと。
スーザン サランドンと共演した「ぼくの美しい人だから」、
「セックスと嘘とビデオテープ」のわずか2本、にもかかわらず、
その独特の甘いミステリアスな雰囲気と声にすっかり魅せられて、
記憶の中に深く残っていましたが、その彼がなんと・・・・・・

“年月”というものは、なんとむごい仕打ちをしてくれるものか!

まぁ、ちょっとそのような感がなきにしもあらずのこのTVドラマでの
再会でしたが、プライムタイム エミー賞最優秀主演賞を3回も
受賞ということで、やはり演技は素晴らしい!

「法廷では決して正義が勝つわけではない」ことをリアルに描いた
「ザ プラクティス」に比べると、“そんなことってあり?????”と
思わず開いた口がふさがらなくなるような弁護がまかりとおってしまう、
でも、それがまた意表を突いていて、凄技だなぁと毎回驚愕。

「スタートレック」のカーク船長役ウィリアム シャトナーは、
伝説の弁護士“デニー クレインス”、その名前を連発することで
法廷でも勝利を手に!
スペイダー演ずるアランとは息が合っていて、二人でボストンを
見下ろす高層ビルのバルコニー、葉巻をそれぞれ耳に挟んで
お互い苦い思いを胸にしまい込むシーンは圧巻!

名門校プリンストン大学とボストン大学で法律を学び、ボストンで
弁護士として働いていた経験を持つ制作者デビット E ケリー
だからこそ、描ける法廷ドラマなのだろう。

とにかくおもしろい!!!!!

こちらのブログにはお写真入りで詳しく紹介されています。

http://naokouniun.exblog.jp/6861270/
この記事のURL | TV・映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ