タイトル画像

2008年 hikoma トピックス

2008.12.31(05:55) 49

残すところ2008年もあと1日、今年もまた、
ただただ忙しく過ぎた1年だった。
悲しかったこと、辛かったこと、いろいろあったけれど、
心に強く残った感動と、楽しかった思い出をここに残しておきたい。

:家庭菜園でのお野菜の収穫
   実際にやってみるまでこれほど楽しいとは思ってもみなかった。
   キュウリ、おいしかった!
   11月末まで青々とした紫蘇が、料理に彩りを添えてくれた。

:クレドクリスマスショーの成功
   新しく加わってくださった方達、ショーに対しての考え方、
   すっかり意気投合!
   厳しいエントリー状況の中、多くのエントリーもいただけて
   クレドクリスマスショーは無事好評のうちに終了できました。

:拓ちゃんと京都に
   mabiさんに拓ちゃんを託しに京都へ。
   mabiさんの愛情を独占できて、拓ちゃん、よかったわね!
   広隆寺で聖徳太子の像に感動。
   実は私の愛読書、山岸涼子「日出ずる処の天子」。
   夢殿が拝観できなくて残念。


:銀ちゃんのショーデビュー
   教室の“癒し猫”銀ちゃんが、なんとキャットショーに!
   受験生にとって、今や銀ちゃんの存在は必須。
   オーナーのマサミちゃんにとっても銀ちゃんから学ぶこと
   とっても多そう。


:Kikiさん来日
   R先生達と共に湯島散策、短い時間だったが、楽しい再会。
   何年になるかしら、Kikiさんに初めてシャルルドゴール空港で
   会ってから・・・でも少しも変わらない、Kikiさん、大事な
   大事な友人。

:フランス・ツールーズキャットショー
   名物のカッスレ(?)がおいしくなかった。。。。
   でも、ミッシェルの5つ星レストランでの美味しいディナー、
   最高だった!
   Kikiさんと過ごすパリでの時間は至福の時。

:ドミニク ヴィス来日
   少年のような、ヴィス、私が最初に惹かれたカウンターテナー。
   長い髪が銀色になっても、彼の優しい目はその優しさを増し、
   歌に込められたメッセージを今私は受け止めることが出来る。
   フランスから来たドミニクのリサイタルを聴いて、その足で私は
   成田に、その翌日フランスに発ったのでしたっけ。
  

:軽井沢8月際
   米良さんの歌う日本の歌、五感にもろに訴えてくるものがある。
   でも、私は米良さんのシャンソンも好き!

:益子町、小さな空間でのキャロル
   波多野睦美さんの Old English Song 
   寒かったけれど、贅沢なコンサートだった。
   

:そして、なんといってもオペラシティー、ソプラニスタリサイタル
  
  岡本さんの最初の一声で、あ、これは!!!!
  すごいと思ったら、やはり最後まで素晴らしい迫力で
  鳥肌だつほど。
  最初のオペラシティーのリサイタルでは
  「ピンクの豚」
  しか印象に残らなかったのに、一回りも二回りも、
  “表現者”として豊かになったソプラニスタ!
  来年2月には名古屋、大阪とリサイタルが続くので
  何をおいても駆けつけよう!



魅せられて・・・バーミーズ


2008年12月
  1. 2008年 hikoma トピックス(12/31)
次のページ
次のページ