2006 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2006 12
猪・鹿・そして・・・・
- 2006/11/02(Thu) -
仕事中に突然潔さんから電話。
「実況中継するね」
と断りがあってから、
「猪がさぁ、今庭に来てるのよ。
2匹。まだ小さくて可愛いよ。
あ~~~、掘ってる 掘ってる!」

3日ほど前、庭のあちらこちらに穴が掘られ、
もしかしたら猪がまた出没か?と危ぶんでいたら
やはり・・・・

「きっと、この2匹が生き残ったんだな。」

潔さんによると、猪は8匹ほど子を産むそうだ(?)。
で、今この2匹がかろうじて生き延びて家の周辺を
徘徊して回っているとか。

そんな電話の後、11時過ぎに帰宅する途中、
家に近いところで鹿の群れが車の前を走り抜けていった。

1頭の牡鹿が3頭の牝鹿を守って、畑を駆け抜けていく。

最近鹿の鳴く声を頻繁に耳にしていたが、この子達だった
のか・・・

帰宅して、そんな話をしながら庭先を見ると、
あら!
またなにかいる!
ふさふさした見事なしっぽ、シャム猫のようなポイント、

タ・ヌ・キ!

しばらく見つめ合っていたが、トコトコトコと坂道を下って
姿を消した。

飛駒はまだまだ自然がいっぱい。
でも、これだけ動物が人家の間近に姿を見せるというのは
山に十分な食料が不足していると言うことなのかも。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |