2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
アジアリジョンディレクター選に向けて
- 2016/09/06(Tue) -
公約

自己紹介(ジャッジ オブ メリット)  友成 晴世
TICAジャッジとして1982年から33年間にわたりキャットショーに携わり、現在はインストラクターの資格を有しております。1995年にはTICAブランチクラブC.A.T.CREDOを設立、21年間クラブの代表を務め、またバーミーズ、ボンベイのブリーダーとして長年にわたり猫種の繁栄に尽くしております。

決意表明
The International Cat Association(TICA)は1979年6月22日にGeorgia Morganと数人の猫愛好家たちによって設立され、世界で最も進歩的で、柔軟性に富んだ、革新的な猫の血統登録機関を設立するという、共同設立者たちの夢を現実のものとし、以来37年にわたり「個人 対 TICA」という民主的な方針を守り続けています。
ところが、ここアジアリジョンでは、本来の「個」対「TICA」の関係よりも、クラブの力が大きく影響し力を持ってしまうというTICAの根本精神からは離れた状況に陥っています。私たちTICAメンバーは一人一人意見をTICAに届けることが出来、TICAもまた一人一人に応えて下さいます。そして、クラブはTICAの精神に則ったショーを行うことでTICAに大きく貢献しなければなりません。
今回、ディレクター選に立候補したのは、このように、アジアリジョンの各クラブは一つになってTICAブランチとしてTICAの発展に貢献しなければならないにもかかわらず、クラブが力を持ち、更に2派に分かれて、ショーの窓口を非常に狭めてしまっていることを憂慮したに他なりません。
決して忘れてはならないことは、アジアリジョンのどのクラブもTICAのブランチであるということ。各クラブの小さなこだわりを捨ててTICAのブランチとして、心を一つに合わせ、ショーを初め、猫を中心とした活動を行うべきだと考え立候補致しました。

TICAのミッションをここに引用します。

To encourage our members to be caring, responsible owners and breeders of cats; and to work together to promote the preservation of pedigreed cats plus the health and welfare of all domestic cats.

TICAの会員が、配慮と責任のある猫のオーナー/ブリーダーになるよう、また純血種の猫を保護するとともに、家猫の健康と福利を推進するために協力して働きかける。

To have the most accurate and comprehensive certified pedigree registry in the world.

世界で最も正確かつ総合的な血統登録機関となる。

To provide sanctioned cat shows which promote both pedigreed and non-pedigreed cats in a professional manner, and which are both enjoyable and educational for exhibitors, judges and the general public.
TICA 公認のキャットショーは、プロフェッショナルな方法で純血種および非純血種を奨励し、またショーの出陳者やジャッジ、一般観衆にとって楽しくかつためになる内容を提供する。

To encourage our members to take an active role in the community, to foster responsible spay/neuter awareness through public education, to become active in voluntary service at local animal shelters or outreach programs for schools and/or senior or disabled citizens, and to become involved in citizen advisory groups to foster responsible legislation regarding the health and welfare of cats.

TICAの会員が、地域において積極的な役割を担うよう会員に促す。公的教育を通して責任ある去勢・避妊への認識を促す。地域のアニマル・シェルター、および学校や老人・障害者のための福祉プログラムにおいて積極的にボランティア活動をする。猫の健康と福利に関する責任ある法律制定を行うため、民間の諮問機関に参加する。

To promote friendly relations between breeders in this country and other countries around the world.

国内および世界中ブリーダーが友好関係を築けるよう促す。

To disseminate information to breeders, owners, exhibitors, and the general public concerning breeding, exhibition, improvement of breeds, the care and welfare of all cats; and to provide materials and information regarding feline issues of regional or national importance.

ブリーディング、ショーへの出陳、ブリードの改良、すべての猫の飼育と福利に関する情報を、ブリーダー、飼い主、出陳者および一般大衆に広く伝えていく。地域また国内で重要とされる猫の問題に関して、資料と情報を提供する。

To set up a foundation to encourage research on feline health issues, and to provide readily available lists of resource materials on health issues to our members.

猫の病気や健康の問題に関する研究を奨励する財団を設立し、TICAの会員が、健康問題に関する資料のリストを提供する。


公約
まず、第一にお約束したいのは「猫を第一に考えたショーの開催」。ショーの形態、ショースケジュールなど、全員で見直し、考えていく時期にあると痛感しております。話し合いはジャッジとクラブのMLを通じて行います。

第二に、WEBサイトの充実。リジョン内のことはサイトに行けばわかるというように、いくつかの部門に分かれて担当し、それぞれの担当者が直接サイト管理室にアクセスし、速やかに情報が公開できるように努めます。リジョンへのご質問ご要望などにも対応し、一般会員にもリジョンをより身近に感じて頂けるよう努力する所存でございます。

第三は、年1回のジャッジングスクール、クラーキングスクールを開催し、ジャッジのリフレッシャーテスト、クラークの更新テストに備えます。また、ジャッジが獲得しなければならないCEUポイントも考慮し、セミナー、スクールを多く開催していきます。

また、ショー、ブリード、ジャッジ、クラークの為だけにとどまらず、動物を愛護するという基本的な立場から、殺処分0運動、災害時の募金活動などには積極的に取り組み、行動していくことをお約束致します。

TICA AB Judge of Merit
           Instructor
C.A.T.Credo President
友成 晴世


Statement of electoral pledge ( English)

·Self-introduction
I have been involved in cat shows as a TICA judge for 33 years since 1982 and have become a qualified instructor. In 1995, I established “C.A.T. CREDO” as a branch club of TICA and I have served as a representative of the club for 21 years. As a cat breeder of Burmese and Bombay cats, I have been committed to the prosperity of the feline species for a long time.

·Determination
I believe that each club acts as a unit and must contribute to the development of TICA. In spite of that, the Asia region is actually split into two factions and this narrows the window of participation in the TICA cat show. I am sincerely concerned about such circumstances in the TICA Asia region and want to change this situation to make it better.
We should not forget that each club in the Asia region belongs to TICA as its branch.
As a member of the TICA, we should think about the activities including shows with a focus on cats, without any assertion which is sometimes a little bit selfish.
For these reasons, I have decided to run for director in this election.

·Commitment
As a first commitment, I promise to organize a “cat friendly show”.
I keenly sense that it is now time for all of us to address the show style and show schedule. Discussion on these issues should be done using ML for judges and club.
I also promise to enhance the website as a second commitment. I want to ensure that all of the information related to the region can be obtained from the website. I would like to divide the website into several sections, and I will identify the person responsible for each section. The responsible people can then access to the administration site directly. Thereby, all information in the region will be quickly obtainable from the website.
I would also like to implement a mechanism to get answers to questions from general members and requests through the website.

As a last commitment, I promise to conduct a judging school and a clerking school annually for the preparation of judge refresher tests and renewal of clerk qualifications. I will also increase the frequency of seminars and schools in consideration of the CEU points that necessary for judges to acquire.

Moreover, our existence is not only for a cat shows, breeds, judges and clerks.
Based on our position of animal protection, it is very important for us to take a proactive approach toward “zero animal euthanasia”, “disaster fund-raising activities” and other related actions. Necessary actions should be promptly taken by TICA.


아시아 지역 디렉터 선거를 향하여 (韓国のメンバーに向けて)

(한국 클럽을 향하여)

자기소개 (져지 오브 메리트) 

TICA 져지로서 1982년부터 33년간에 걸쳐서 캣 쇼에 종사해 왔으며, 현재는 인스트럭터 자격을 가지고 있습니다. 1995년에는TICA 브런치 클럽 C.A.T.CREDO를 설립, 21년간 클럽 대표로근무했으며, 또한 버미즈, 봄베이 브리더로서 장년에 걸쳐서 고양이 종 번영에 힘쓰고 있습니다.
결의표명

이번, 디렉터 선거에 입후보 한 것은, 본래, TICA 산하 클럽이TICA 브런치로서 하나가 되어 TICA 발전에 공헌하지 않으면 안되는데도 불구하고, 현재, 아시아 지역, 특히 일본의 경우는 두 파로 나뉘어져서, 오히려 쇼의 창구를 상당히 좁히고 있는 것을 우려하였기 때문입니다.

중국 맹자는 "사덕", 즉 "인, 의, 예,지"가 사람이 지키지 않으면 안되는 도라 하였습니다. 더욱, 일을 함에 있어서 "인화"만한 것이없다고 역설하고 있습니다.

지금이야말로, 한국을 포함한 아시아 지역이 각 클럽의 작은 집착을 버리고 TICA 브런치로서, 마음을 하나로 합해서, 쇼를 시작으로, 고양이를 중심으로 한 활동을 개시해야한다고 생각해 입후보하였습니다.공약
먼저, 첫번째로 약속하고 싶은 것은, "고양이를 제일 먼저 생각하는 쇼 개최". 쇼 형태, 쇼 스케쥴 등, 의논은 져지와 클럽 메일 리스트를 통해서 실시하겠습니다.
둘째로는, WEB 사이트 충실. 지역내의 일은 사이트로 가면 알 수 있도록, 몇개의 부문으로 나누어 담당하고, 각각의 담당자가 직접사이트 관리실에 접속해, 신속하게 정보가 공개 될 수 있도록 노력하겠습니다.
세째로는, 져징 스쿨, 클러킹 스쿨을 개최해, 져지 리프레셔 테스트, 클러크 갱신 테스트를 준비하도록 하겠습니다.
또한 동물을 애호한다는 기본적인 입장에서, 살처분 제로 운동, 재해시 모금 활동 등에는 적극적으로 대처해, 행동해 나갈 것을 약속합니다.

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
豪雨の被害
- 2015/09/11(Fri) -
50年ぶりという豪雨で、栃木・茨城は大きな被害を被りました。
特に茨城の常総市に起きた鬼怒川堤防決壊の非常事態、昨日はTVの画面に釘付けに
なって自衛隊のヘリによる救出劇一部始終を見守っていました。
今にも崩れてしまいそうな屋根の上から犬と共に助けられたご夫婦の映像に
思わず拍手!
でも、これが猫だったら・・・・
我が家は山を切り崩して建てたため、山を負っています。
山が崩れてきたら、土砂が流れ込んできたら、それより木が倒れてきたら・・・
危険はいっぱいです。
今回は前もって台風の情報をキャッチしていたので、まずフードを大量に購入。トイレのチップも
沢山用意しておきました。 キャリーケースも、仲良しさん2人で入れば十分
間に合う数は用意できています。
ただ、路の確保が出来ればの話ですが・・・・・
昨年は沢水が増水、路は川になり、濁流となって車が一瞬浮きました。
一瞬でしたが、あのときの恐怖は今でも忘れることは出来ません。
ボートも必要か? 

昨日は、思いがけない方達からメールやお電話を頂いて、とっても嬉しく
また心強く、励まされました。     ここに御礼申し上げます。

9 11 3

激しい雨が降ると、この沢を転がる石の音が家まで響いてきます。

9 11 4

             夏の暑さからは守ってくれる木々ですが、倒れてこないでね!

            9.11.1

            土石流要注意地区、庭のすぐ先。

            9 11 2

             家に上がってくる路ですが、ここも川に変貌。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2015/08/29(Sat) -
高松に旅立ったムース君、あっという間に新しい環境を我が物とし、
自分の世界を作り出しているようです。

moose064.jpg

moose061.jpg

moose062.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アワードパーティーが終わって。
- 2014/08/27(Wed) -
目黒雅叙園で2013-2014年度のアワードパーティーが終了後、大学時代の友人達と新宿、
寿司清さんに。
カウンター席の予約が難しい寿司清さん、でも、良いお席が確保されていました!

寿司6

パーティーで、十分にお腹はいっぱいでしたので、今回は店長お勧めの何品かに絞っていただく
ことになりました。
最初は小柱のおろし和え、ガラスの子器、涼しそうな紫蘇の葉に取り合わせて。次にこの煮アワビ。
肝を一口いただいて、それまではビールでしたが、お酒に変更。もちろん冷やで「鷹勇」。
銘柄のごとく潔さが感じられる爽快な味わい。アワビの胆の濃厚さをを引き立ててくれます。

寿司8

マグロは赤身が好き、添えてあるのはコチ、チャイブを巻き込んで。肉厚のコチは独特の香りと感触があって、それをチャイブが優しくフォローしながら調和の美を作り出しています。

寿司7

紫雲丹、たっぷり身がはいっています。添えのレモンをかけて、それだけでいただきました。これもお酒だわね!

寿司5

食べ終わった雲丹の殻はその後器に変身、蟹を初めとして、何色くらい入っていたかしら? 上に飾られたいくら、でもこれ、いくらではなく筋子なの。だからそれだけでも美味しいのなんのって! でも、これで急激にお腹が満たされてしまったこと、残念。

2寿司

と、いいながらも、これは食べなくては! とのお勧めもあって、「烏賊」、でも、ただの烏賊ではありませんでした。
鮮度が良くて透明感があって、これぞ職人さんの腕の見せ所、きれいな繊細な装飾がシンプルな烏賊を華やいだ一品にグレードアップしています。

4寿司

苦しいしい、お腹いっぱい! といいながら、デザート代わりに水茄子とキュウリの浅漬け、トマトを食べて、すっかり満足。

寿司1


お土産には卵9個を使った極上「玉子焼き」をもたせていただいて、幸せいっぱいで帰って参りました。



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
bonnbei
- 2014/07/08(Tue) -
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ